キャリアの転機に対応!転勤・転職時の賢い不動産売却のポイント

公開日:2024/05/15

キャリア

転勤や転職は新しいキャリアの始まりですが、その一方で不動産の売却は悩ましい問題です。この記事では、賢い不動産売却のポイントを紹介し、スムーズな取引に役立つアドバイスを提供します。新しい一歩を踏み出す際の不安や疑問を解消し、将来へのステップを確実に進めるための手引きとなるでしょう。

転勤・転職が決まったら家はどうすべき?

新しい職場や住環境への移動が決まったとき、住まいの選択は悩ましい課題となります。家族と一緒に暮らすため、単身赴任は避けたいという場合、選択肢は主に3つあります。それぞれのオプションには検討すべきポイントがあります。

空き家にする

転勤先での勤務期間が1年以内といった短期的なものであれば、家をそのまま空けておく選択もひとつの方法です。これにより、戻る際に自宅に帰ることが可能で、急な引っ越しや住み替えのストレスを軽減できます。

賃貸にする

転勤期間が3年以内で、自宅に愛着があり、将来の居住先が未定の場合は、賃貸に出すことも検討すべきです。ただし、賃貸需要があるエリアであることや、借り手が見つかりにくい短期契約であることに注意が必要。定期借家契約を検討し、賃貸市場をよくリサーチしましょう。

売却する

転勤が長期化する可能性があり、賃貸需要が低い地域である場合、不動産を売却することが適切です。ただし、住宅ローンや固定資産税、都市計画税などの支払いが発生するため、経済的な面も注意が必要です。期限が不透明な転勤の場合や、賃貸に出しにくい状況ならば、売却が有益となります。

転勤・転職時に知っておくべき不動産売却のメリット・デメリット

新しい仕事や環境に身を置くため、転勤や転職は多くの人にとって慎重な決断が求められます。この変化にともない、持ち家の売却を検討することが一般的です。そこで、不動産売却のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

売却のメリット

転勤や転職にともなう新しい生活のスタートには、資金が欠かせません。不動産を売却することで、手元にまとまった資金が入り、新たな住まいや生活に余裕を持たせることができます。また、売却によって手に入れた資金は、転居先での住まいの選択肢を広げます。

新しいエリアや物件のなかから、より自分に合った条件や希望に応じた住まいを見つけることができます。さらに、賃貸にする場合は管理委託や手続きが発生しますが、売却すればそれらの手間が省かれます。新たな住まいに専念でき、不要なストレスを回避できます。

加えて、旧宅を売却することで、固定資産税や保険料などの維持費用もかからなくなるのです。これにより、毎月の生活費や将来への備えに資金をあてることができます。

売却のデメリット

家は単なる物件ではなく、思い出の詰まった場所です。売却によってその場所を手放すことは、感情的な別れをともなうでしょう。ただし、新たな場所での新たな思い出が生まれる可能性もあります。また、不動産の売却にはさまざまな手続きが必須です。

契約書の作成や法的な手続き、引っ越しの計画など、多岐にわたる作業があり、これらの手続きは時間とエネルギーを要するため、スケジュールの調整が求められます。さらに、不動産の市場価格は常に変動しており、売却時の価格が予測しにくいことがあるのです。

需要と供給、地域の動向など多くの要因が影響を与えるため、予定していた価格での売却が難しい場合もあります。

転勤・転職時の不動産売却で成功するポイント

新しい転勤や転職が迫っていると、気になるのは今の住まいの売却です。不動産の売却はさまざまな注意点がありますが、成功するためにはいくつかのポイントを押さえておくことが不可欠。ここでは、転勤・転職時の不動産売却で成功するための重要なポイントを紹介します。

もっとも高く売ってくれる不動産会社を見つける

家を売るには不動産会社の協力が欠かせませんが、どの会社を選ぶかがポイントとなります。不動産会社は得意なエリアやノウハウが異なるのです。成功のためには、最も適した不動産会社を見つけましょう。

専任媒介契約を結ぶ

不動産会社を選んだら、専任媒介契約を結びましょう。一般媒介や専属専任媒介との違いを理解し、状況に応じて最適な契約を選択しましょう。とくに、専任媒介や専属専任媒介では、不動産会社が広告費や手間暇をかけて販売活動を行ってくれるため、成功への道が拓けます。

スケジュール優先なら買取を選ぶ

転勤までに絶対に家を売りたい場合は、買取を検討しましょう。即時買取や買取保証があり、スケジュールに合わせた売却が可能です。とくに期限を決めて仲介で売り、期間内に売れなければ不動産会社が買い取ってくれる買取保証は安心感があります。

引っ越してからでも焦らない

転勤先が遠方の場合でも、引っ越してからでも不動産の売却は可能です。焦って急ぐよりも、遠隔地でも柔軟に対応できる方法を考えましょう。不動産会社に相談して、適切な方法で手続きを進めましょう。また、売却を依頼する不動産会社は、転勤前のエリアに精通していることが大切です。

一日も早く動く

転勤が増える年度末は不動産市場が活気づく時期です。チャンスを逃さないよう、一日も早く売却に向けて動きましょう。掃除が終わっていなくても査定から始めるべきです。

まとめ

転勤や転職にともなう不動産売却はキャリアの転機であり、賢い対応が求められます。この記事では、転勤・転職時に家を売る際のメリット・デメリットを解説し、成功するためのポイントを紹介しました。最適な不動産会社の選定や専任媒介契約の活用、買取の検討など、計画的なアプローチが不可欠です。

転勤先や転職先の状況に合わせ、柔軟で効果的な売却プランを検討しましょう。

【京都府】おすすめの不動産売却業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名OPEN STYLE三井のリハウスライズ不動産販売福屋不動産販売AoshinHome
特徴京都洛北エリアの地元出身者が担当!不動産をより高く早く売るサービスを実現売買仲介取扱件数は35年連続No.1!売主・買主にとっても安心の充実サポートあり京都の問題アリ物件もお任せあれ!高値での不動産売買&買取を実現全国7都道府県にある店舗から得られる情報により満足のいく不動産売買が可能京都の不動産業に携わって30年!売主の想いを反映できる不動産売買が可能
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索